上記Facebookオフィシャルページにてこのブログのコメントができます。Facebookご利用の方は上記「いいね!」をクリックすると最新情報をフィード購読できます。

2011年08月19日

ファッションが教えてくれること

遅まきながら、映画「ファッションが教えてくれること」を観ました。
アメリカ版『ヴォーグ』の名物編集長アナ・ウィンターの真実。
「プラダを着た悪魔」も好きだったけど、本人のドキュメンタリーのほうが断然面白かった。
アナは大女優よりずっと魅力的だったな。やっぱりただの悪魔じゃない。

アナも素敵だけど、わたしはクリエイティブ・ディレクターのグレイス・コディントンの大ファンになりました。
グレイスの天才的なセンスと、穏やかな話し方。
アナに写真をボツにされて、何度も怒っているシーンが出てくるけど品格があるのね。
我じゃなくて、美的なこだわりのための怒りは崇高なんだと思った。
70歳近いんだけど、ずっと最先端にいる。
ありがちな、過去の成功にしがみついたりしない。
劇中「未来に生きないとね」と何度も言ってた。
素敵だなあ。憧れだなあ。

グレイスが編集長の雑誌があれば、おそろしく芸術的なものになるんだろう。
売り上げとか、流行とは少し離れるんだろうけど。
アナのセンスとの絶妙なバランスで『ヴォーグ』が生まれるんだな。

ところで、以前に少しだけ日本版ヴォーグの編集部で働いていたことがあります。
紙面デザインの一番下っ端の仕事だったけど、活気があって華やかでとても楽しかったな。
音楽との両立はできなかったけど、ひとときの夢だった。

映画のおかげで元気になりました。
女は元気でなくては。
最近、創作活動をする上で、歳をとることに少し不安を感じていたけど。
本人の心意気次第で、センスは枯れないんですね。
posted by rieaono at 16:42 | TrackBack(0) | cinema
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47437323
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック