上記Facebookオフィシャルページにてこのブログのコメントができます。Facebookご利用の方は上記「いいね!」をクリックすると最新情報をフィード購読できます。

2011年03月29日

最期の食事

久しぶりに小豆を煮ました。
白いお餅をいただいたので、ぜんざいにしようと思って。
大きな地震以来、時間のかかる煮込み料理などは
自然と避けるようにしていたかもしれない。

コトコト煮込む時間が好きだ。
こころを和らげるキッチンの魔法か。
トースターの中でまあるいお餅がふくれていくのを眺めるわたしは
猫みたいに暇なんだと思う。

久しぶりのぜんざいは、お腹もこころも満たした。
なんだろうこの幸福感。
人生最後の食事がぜんざい、というのも良いかもしれない、と思った。

あ〜、美味しかったあ〜!ありがとう。おやすみ。

そう言って眠るように終われたら幸せだろうな。
その時、ひとりじゃなかったら、もっと幸せだろうな。

幸せな終わり方について、なんて、あまり考えたことなかったけど
ある日突然、一瞬にして終わってしまう、こともありうることを
実感したからね。

あの日、これで終わったら哀しいって思ったからね。
ちゃんとやらないとね。

image/2011-03-29T22:32:42-1.JPG
image/2011-03-29T22:32:42-1.JPG
image/2011-03-29T22:32:42-1.JPGimage/2011-03-29T22:32:42-1.JPG
posted by rieaono at 23:15 | TrackBack(0) | 日々のこと
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44038277
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック