上記Facebookオフィシャルページにてこのブログのコメントができます。Facebookご利用の方は上記「いいね!」をクリックすると最新情報をフィード購読できます。

2011年03月18日

おかしな日々のこと

大きな揺れと恐怖。映像で知る悲劇。
東京での奇妙な非日常。
2011年の3月に起きた出来事を
いつか振り返って、そのときどんなことを思うんだろう。

地震後しばらく、わたしは無事で全く被害を受けていないのに、
気持ちが落ち着かなくてしばらくは何にも手につかない感じでした。
1週間経って、日常は戻りつつあります。

人生観のようなものが、あの日を境に変わったような気がします。
あの日に死ぬかもしれなかった。でも死ななかった。
じゃあこれからどんな生き方をしていくか。
自分を深く見つめなおすきっかけになりました。

ニュースを見て泣き、ネット上の言葉で泣き、自分の人生を思って泣いた。
たくさん泣いて、弱くなり、強くなった。

東京は
スーパーから特定の物だけ無くなったり、
ガソリンが足りなかったり、
仕事に大打撃を受けたひともいれば、
まったく日常に支障がなかったひともいる。

イライラするひと、怒るひと、批判するひと、心配するひと、
愛情いっぱいのひと、弱いひと、強いひと、
いろんなひとのいろんな反応を知る。

パンの棚は空っぽだけど、ケーキはたくさんある。
生鮮食品は余ってる。足りないけど贅沢している。
この奇妙な東京の日々を、
いつか振り返るんだろうなあ。

お見舞いの気持ちはこころのなかに。言葉にするとどうしたって力不足で。
節電、募金、献血、できることをします。あとはいつも通りに生活するつもり。
posted by rieaono at 00:00 | TrackBack(0) | 日々のこと
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43947704
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック